スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋葉原の無差別殺人について 


明日、世界が終わるとしたら、あなたは何をしますか?という問いの答えは、
愛している人と一緒に過ごす、家族と過ごす、おいしいものをたらふく食べる、普段通りの生活をする、ただ寝てる、女とやりまくる、人を殺す、など様々。

そう、彼にとっての世界は終わっていた。
彼が選択したものは、秋葉原という劇場での大量殺人だった。
しかし、世界は終わらなかった。
そんな彼が警察に捕まって、犯した殺人の理由として口に出した言葉は「世界が終わったから」ではなく「生活が苦しかったから」だった。
のちに自分がブサイクだから、だとか、彼女がいなかったから、だとか、親のせいだとか、ケータイブログに吐露された「動機のようなもの」が垣間見えることになるのだけれど。



先日、起きた秋葉原での殺人を、自分なりに整理してみようと、書いて、みる。
ただ、この事件について、ワイドショーの報道の仕方がどうこう、社会の仕組みがどうこう、というものについては保留することにする。
この類の事件の報道のされ方には鋳型があって、いつもそれ通りに報道されていくだけだと辟易しているし、このことについては酒鬼薔薇以降、多くの言及が成されているから。(報道の鋳型については後に触れる)
加えて、事件を理屈や精神分析などでは説明できないし、説明すべきでないことまで必要以上に(こじつけ的に)説明することには、意味がないと感じるし、そこから導き出される答えにもやはり意味がないと感じるので。社会の仕組み云々になったら尚更。
とても勝手な言い分だけど、僕自身関心があるのは社会の仕組みからみた猟奇的殺人ではなく、彼(事件)への共感と反感だ。



彼が世界を終わらせることができた理由。
報道で流れる、彼のブログから見てもわかるように、彼はかなりの被害妄想癖だ(そして太宰治型ナルシシスト)。
彼をそのようにさせた理由は、彼の外見コンプレックスからかもしれないし、いじめからかもしれないし、本当に親のせいかもしれない。しかし、その理由についても保留する。
問題は、彼がそれを加速させたこと。
加速させてしまった理由は、おそらく「最悪」を他者へ責任転嫁し「シンプル化」したことにあるんじゃないかと思う。

彼はつねに「最悪」の場面を想定して生きていた。
もしくは「最悪」をさらけ出すことによって自身を守っていた。
この事で思い出すのが、
「私は、何にも期待してません。いつも最悪な状況をシュミレーションしているんです。だって、そうすると最悪な場面に遭遇しても動揺しないし、それに最悪を想定しておけば、いくら期待通りにいかなくったって最悪よりはましだな。ってポジティブに考えられるじゃないですか」
という深田恭子の言葉だけど、これは置いておいて。

彼は、自分の状況の常に「最悪」の位置を探し出し、そこに立つことによって自分を守っている。
守っているだけでなくて、ここには潔癖症のようなものが垣間見える。
今、自分のやっていることは本当に大丈夫なことなんだろうか?
自分は他人から認められているんだろうか?
自分の選択は正しいんだろうか?
誰か教えてよ。
そして僕を見て。
ねぇ、助けてよ。
というようなエヴァンゲリオン症候群とでもいうような、潔癖な存在の不安が根底にあるように思う。
自分はだめだ、でも他人に認められたい。でも他人は僕を虐げる。だったら他人なんて、世界なんてなくなってしまえばいいのに。と。
不安から逃れるために、他者の排除という方法で彼はこれを処理した。

そして「最悪」は「他者」に向けられ「シンプル化」されていく。
ムカツイタ→コロス、カノジョガデキナイ→ブサイクダカラ、ブサイク→オヤノセイ、センスガナイ→オヤノセイ、タノシクナイ→オマエラノセイという「他者のせい」になっていく。
彼がすべてを他者のせいにして、自分の否を全く認めていないとは思わないけど、図式を単純化することによって、そのような複雑な要因を排し、悪をつくりだし、その悪を倒せばあたかも問題が解決する、という恐るべきシンプルさを持って彼は行動をしていった。(彼女ができていたら、本当に彼の世界は終わらなかったかという疑問については答えるべくもない)
これは言ってしまえば二元論的であり、キリスト教で言うところの悪魔であり、闇であり、仏教(正確には仏教の一部の宗派)でいうところの鬼であり、地獄であり、アメリカでいうところの悪の枢軸であり、イラクだけど、それは置いておいて。

彼は、物事をシンプル化することによって殺人をする動機を手に入れた。
そして、さらなるシンプル化、悪を「記号化」することによってそれを実行した。
戦争で相手を生身の人間として、ましてや相手の家族や友人、人生のことなどを考えたら、大量殺人ができないように、彼は相手を記号化した。
おそらくこの時点で彼は他者云々なんて考えていなくて、背徳的なナルシシズムが彼の多くを占めていたんじゃないかと思う。アニメの残虐でクールなキャラの想像でもしながら。
そして、鬱屈したパトスを放出すべく、あの劇場型無差別殺人を実行した。



この事件を見て、僕が強く感じたことは、世界はそれほど単純じゃない。ということだった。
別にこの事件じゃなくたって、たいての事件にあてはまるけれど、結局行き着くところはここだった。というのも自分がいつ被害者になるか分からない。という反面、自分がいつ加害者になるか分からない。という可能性も考えてみなくてはいけないと感じたからだ。
彼の被害妄想と自己顕示欲が混ざり合った言動は、僕も思春期に体験したことがあるし、今現在それがすべて無くなっているとは言えない。いつどんな時にそれが鎌首を上げてくるか分からない。世界をシンプル化し、それに憎悪を加えたら、大変なことになる。という戒めをしなくてはいけないと思ったのだ。

最初に僕は、彼への共感と反感と書いたけど、
それは、世界は酷いものだ。ということに対して共感し、しかし酷い世界だけではない。と反感したのだった。
二元論的ではなく、価値観はひとつではなく、常に世界は多様性を孕んでいる。その豊穣性、遇有性を見なくてはいけない。酷い世界を素晴らしい世界に変えるのではなく、酷い世界と素晴らしい世界は常に混在している。

混在している。
彼は、きっとこの殺人に対し、自分のやっていることが正しくないと気付いていたはずだ。
気付いていてもやってしまったのだ。
捕まえてくれ、という彼の断末魔は決してナルシシズムから出たものばかりでなく、罪悪感も含まれていたはずだ。
しかし、これは心の叫びではない。
心の叫びとは人間性善説にのっとった考えだ。
彼は同時にこういうことも思っていた。しかし実行した。

世界をシンプル化してはいけない。シンプル化しているのは彼だけじゃない。報道もだ。
彼の多様性を無視し、殺人犯的な殺人犯にし、被害者を被害者的な被害者にし、二項対立の図式で説明する。こうしなくては円滑に報道が進まないという理由があるのだろうが、そんなことは知ったことじゃない。酒鬼薔薇から、いやきっともっと前から続いているこのことに気付かなくちゃいけない。


この日記の最後に。
自分なりになんとか、あの事件を整理してみたけれど、これで事件が分かったなんて思ってはいません。
彼がどのように育ち、どのように物事を考えてきたかなんて知るすべもないし、なぜ被害妄想をもつようになったか、なぜあれほど、他人に固執するようになったかなんて分からない。ましてや、事件の動機などは分かるはずもない。だから、事件はこういう理由で起こったんだ。ってことは言えない。
この文章は、あの事件の後、報道を見ながら、一側面を好き勝手に抜き出し、そこから感じたことを書いたにすぎない。



スポンサーサイト

コメント

何らかの災厄に見舞われたとき、人はその苦しみを、その責任を何者かの所為にして敵視していく。
きっとそれは本能的な自己防衛機能。
なぜならば、反対に無理に抱え込もうとすると鬱を引き起こす。
鬱は精神の「病気」であって、「病気」は生命活動にとっての異常。
つまり、本来あってはならない状態。
だから、何者かの所為にしてアイデンティティを守ろうとするのは、僕は悪いことではないと感じる。
(語弊が絶対でてきますが、あくまでそれは「自己」の範囲内)

ただし、だからといって、人を傷つけてはいけない。
ましてや殺すなんてもってのほか。
(死刑制度のことは今回は考えません。ちなみに僕は死刑制度は原則的に賛成です。)
その点で、今回の事件は許されるものではない。

ただ、今後、このような事件を未然に防ぐことは原理的に不可能だと思っている。
今日のとくだねで芸能関係のおっさんが言っていたんだけど、
「こういう殺人犯はどの世代でも一定の年齢になると出てくる」ってこと。

だから僕らに出来ることは、身近な人を殺人犯にしないこと。
そのためには、この事件の背景を性格に捉えること。
そのためには、報道を鵜呑みに信じ込まないこと。
そのためには、正確な情報を見つけ出すこと。
そのためには、、、どうすればいいんだろうね。

×性格→○正確
推敲をしないのは僕の悪いクセ。

>何者かの所為にしてアイデンティティを守ろうとするのは、僕は悪いことではないと感じる。
これは僕もそう思う。ただその背後には一辺倒では説明できない複雑なものを孕んでいることを自覚していたいと思った。エスカレートして責任転嫁しないためにも。

>だから僕らに出来ることは、身近な人を殺人犯にしないこと。
は、とても共感する意見だなあ。
社会的な見地やら世界平和のためには。って考えるから話が歪む。世界を考えるのは大切だけど、そればかりで身近を考えていなくてはだめだよね。身近を考えられる人が世界を考えられるんじゃないかね。

おす。きゃべです。
最近絶不調ですが、立ち上げときました。http://kyaveblog.blog32.fc2.com/ よろしくねん。
なお、絶不調のため、この記事に関するコメントは控えておきます(しょーもないこと書きそうだ)。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://noshihoshino.blog19.fc2.com/tb.php/3-b617c591

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。