スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイ クロラ 


(まず。途中からネタバレしております。お気をつけください。)

先日、スカイ クロラを観てきました。
押井守と宮崎駿は、同じようなことを感じていて、全く違う表現方法をすると言われてるとおり、ポニョとはちがったアプローチで、それを描いていた。

スカイクロラのHPには、若者たちに伝えたいことがある。と書かれた、押井守からのメッセージがある。
ポニョには、ものすごく感動したけれど、どこか置いてけぼりを食らったな、っていう少し切ない想いがあった成長してしまった子供の僕は、57歳のおっさんにして、尚、しっかりと僕ら世代の若者のことを考えてくれる押井守をとてもありがたく想う。(だって、こんなおっさんいないでしょー)

で、
観た感想なのだけれども、
大人にならず、永遠に生き続けるキルドレ、生きているか死んでいるか分からないような地上での生活、必然としての戦争、平和、、、現代を顕にした物語がそこにはあった。
そして、それを肯定するしか、生きるということはありえないという答えも。
けれど、僕は、ラストがどうもしっくりこなかった。
違和感を持ったとか、こりゃねぇだろ、といった具合ではなく、むしろ、分かる。と感じたんだけれどもどうも腑に落ちない。
設定などから、現代を浮き彫りにしているのはよく分るんだけれども、で、それからは?ってところが、どうももやもやとしてしまった。
喉までは、入っている、でも、なんか、腑に落としていいんだか悪いんだか。

押井のインタビューやら、ラストのカンナミの独白で、言いたいことは分かるけど、でも、、
どうなんだ?っていうのが残った。
と、もやもやしてしまったので、原作を読んでみることにした。

原作には、映画と大きく違った部分があった。それは、

__ここからネタバレします。

続きを読む

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。